ちーだーの歩いて日本一周日録

このブログは“歩いて日本一周”の始まりから終わりまでを記録する、雑記ブログになってます。自分の経験や想いを率直に書いているのでぜひ読んでください。

元旅人のおじさんの話

【旅44日目】

ども、ちーだーです

 

信号でおじさんに出会いました

寝床を出発し数十分ぐらい経った時とき、信号待ちをしていたちーだーにおじさんが話しかけてくれました

 

おじさん「乗ってくかい?」

ちーだー「いや〜、すいません。自分ルールで車はダメなんでよ〜」

おじさん「そっか〜。私がやってる庭でコーヒーでも一緒にどうかと思ってね」

ちーだー「ほんとですか?それはお言葉に甘えさせてもらいます^ ^」

おじさん「そかそか、よかった。じゃあ突き当たりの道を左に、そうだな〜2㎞ぐらいかな?進めば右手にこの車止まってるから。そこでコーヒー淹れて待ってるね^」

ちーだー「わかりました!歩きなので40分ぐらいかかりますが待っててください!

おじさん「わかったよ〜。待ってるね〜。」

 

よっしゃー!

いや〜、ちーだーついてますよね?

これはありがたい話だな〜…いや、待てよ。

 

ふと、冷静になりました。普通歩いてる旅人にいきなり話しかけて自分の庭に呼ぶか?いい話には必ず穴があるっていうよな?

それにコーヒー淹れて待ってるねって言ってたけど自分の脚で自らおじさんの庭に行ってさ、コーヒーに睡眠薬でも入れられてたらどする…?

そのまま臓器売買か?人身売買?いや、拉致?それか檻に入れられて奴隷か?

 

……………………………こっわ😨

 

そう思ったら歩いてきた道を戻って自分の進む道をまた歩き始めました

 

探しにくるかな…?

 

まさか探しにきたりしないよね?いやいや、まさかね?そこまでして臓器ほしいかね?(臓器売買屋とは決まってません)

 

自分の進むべき道を進むべ〜…と、歩き出して

数分経った時、横に一台の車が止まりました。

そうです、あの臓器売買屋(仮)です!

 

臓器売買屋「あれ、道間違えた?もしかして来ない?」

ちーだー「いや、あの〜…道間違えました(焦)」

臓器売買屋「突き当たり左だよ?」

ちーだー「あれ、、、左でしたっけ?真っ直ぐに聞こえたな〜…はは〜…(焦)」

臓器売買屋「来るよね?」

ちーだー「いや〜…そうですね〜…ん〜、、、行きます!(やべっ…)

そこからというもののバックパックを車の荷台に乗せて、臓器売買屋(仮)の車に乗り数分で庭に到着

そこからログハウスに入り、目の前には睡眠薬入り(予定)のコーヒーが……

おじさん「ちょっと冷めちゃったけどコーヒー召し上がれ)

ちーだー「あ、ありがとうございます、、、いただきます、、、」

おじさん「この庭ね〜、今は殺風景だけど、いずれはテントとかバーベキューとかやれるような場所にしたいんだよね〜」

こいつ…なんてことない世間話をし始めた…おれが眠るのも時間の問題か…

って思ってたけどただただ素敵なおじさんだった!!

 

おじさんの夢

ちーだーの厨二病ねwww

臓器売買屋でも人身売買屋でもなんでもないただの定年しためっちゃいいおじさんやんwww

 

f:id:TIBATIDA:20180930133647j:image
f:id:TIBATIDA:20180930133717j:image
f:id:TIBATIDA:20180930133658j:image
f:id:TIBATIDA:20180930133651j:image
f:id:TIBATIDA:20180930133655j:image
f:id:TIBATIDA:20180930133641j:image
f:id:TIBATIDA:20180930133644j:image
f:id:TIBATIDA:20180930133715j:image

買った土地を自分で耕したりして、リンゴとかブルーベリーとかすももとか作って、いずれは旅人が来やすいような場所にしてバーベキューできたり、テント立てたりできる場所を提供するのが夢なんだって

おじさんも元々旅人で

東京からヒッチハイクで全国を旅したとか

おじさん…ほんとにごめん。笑

ほんとただのいいおじさんでした✨

f:id:TIBATIDA:20180408135130j:image

庭から探しに来てくれた場所まで送ってくれた時の写真

 

今は殺風景な庭だけど数年後には全国から旅人が来れるような場所にするんだって言ってたおじさんの目はキラキラしてた✨

でもさ、おじさんも元旅人ならわかるよね?人に素直に着いてくといいことだけじゃないからさ?やっぱ疑うじゃん?でもごめんね

 

今年で73歳になるんだって。

そんなおじさんの目がめっちゃキラキラしてたらさ、自分も負けてらんないなって

夢は大きくでっかく持とうって改めて誓ったね

詳細に伝えたくて長くなってしまいました、まぁたまにはいいでしょう

 

今回はここまでです、最後まで読んでいただきありがとうございます