ちーだーの歩いて日本一周日録

このブログは“歩いて日本一周”の始まりから終わりまでを記録する、雑記ブログになってます。自分の経験や想いを率直に書いているのでぜひ読んでください。

吃音症でも日本一周はできる

ども〜、ちーだーです

吃音症の悩みなんて二の次三の次

 吃音症の方の悩みでもある“伝えたいことが伝えられない”は旅の道中でも度々あります

でもそれは旅に限らず日常生活でもありますよね?それに日本一周は結構辛いです←本音

なので“伝えたいことが伝えられない悩み”など気にするほどの余裕がなくなります

これを聞いた吃音症の方はちょっとイラっとされたでしょう、でも実際にはそうなんですね

  1. 今夜はどこで一晩明かすのか
  2. 朝昼夜のご飯はどこでなにを食べるか
  3. 洗濯物はどうしよう
  4. 天気予報はどうだろう
  5. ケータイの充電が心配
  6. このままでお金は大丈夫なのか

などなど、挙げればもっと出てきます

言い方を変えれば吃音症の悩みを気にすることがなくなります。完全に、、、ではありませんけどね?

次に“吃音症”の説明をします

 

吃音症

吃音症とは

言葉を円滑に話せない疾病、または障害。「発語時に言葉が連続して発せられる」「瞬間あるいは一時的に無音状態が続く」などの症状を示す※Wikipedia参照

難しく書いてありますがみなさんも同じような症状になったことがあると思います

吃音症の自分が簡単に説明すると

①人前で話すとき緊張して言葉が思うように出ない

②頭でわかっていても何故か口から言葉が出ない

③例えしゃべれても“あ、あ、あ、あ、ありがとうございます”と頭文字が連続してしまう

この記事を見てる方は何度も体験したことある人がいるのではないでしょうか?

 

実際にちーだーがしゃべると

“ありがとうございます”が結構難しい

普通に“ありがとうございます”って言いたいんですが

あ……あ…あ、、ありがとうございますっっっ!ってなります

この人なに言ってんだろ(´-`)

と、吃音症のことを知らない方はそう思うでしょう

  1. 言いたいことも言えない
  2. 頭でわかっていても違う言葉に置き換えて説明する
  3. わかってるけど言えないから言いたいことのヒントを言って、相手にわかってもらう
  4. 自分の中でリズムを作る

など、自然に吃音症の方は技を身につけます

 

日本一周は一人ではできない

  1. 道がわからなくて見ず知らずの人に助けを求める
  2. 突然話しかけられる
  3. 友達や家族が助けてくれる

大前提なんですがこれが前置きです

その他もあると思います。決して一人ではできないんですね。ってことは誰かしらと接する場面が必ずあります

そこで出てくるのが最初に説明した『吃音症』なんです

 

まとめ

まぁ長々と語りましたがなにが言いたいかというと

日本一周したいけど吃音症だからなぁ…って行動できない人を日本一周に出発させたい‼️

まだ4ヶ月しか旅できてないけど毎日が非日常でめちゃくちゃ楽しいから!!非日常が当たり前になって感覚が麻痺する!!

伝えられないことがあるのは日常生活でも同じでしょ?つまらない日常生活に飽きてるなら是非日本一周に出てほしい!めちゃくちゃアクティブで毎日必死になるから!

たしかに最初に挙げたように大変なこともあるし問題は全部自分で解決しないといけない!でもそれも日常生活と同じなはず。

旅に出てしまえばこっちのもん!勇気を出してとは思わないけど、とりあえず一歩踏み込んでみよう!

あと、めっちゃ赤裸々に呟いてるからツイッターの方も是非フォローしてほしい!

twitter.com

吃音症で日本一周に出れないと思ってたけど、この記事を見て日本一周に出発できました!

って人が一人でも現れればちーだーめちゃくちゃ嬉しいです!!✨

最後まで読んでいただきありがとうございます