ちーだーの歩いて日本一周日録

このブログは“歩いて日本一周”の始まりから終わりまでを記録する、雑記ブログになってます。自分の経験や想いを率直に書いているのでぜひ読んでください。

辺野古基地の前を歩いてみた

【旅173日目】

ども、ちーだーです。

今日は沖縄に来て最も行きたかった場所

「辺野古基地」の前を歩いてみました。

ある意味沖縄で一番注目されている

場所なんじゃないでしょうか?

 

なにかあるとすぐにテレビやSNSで

情報が出回りますが

“東日本大地震の被災地である東北”と同様に

自分の目で見て、肌で感じたかったんです。

 

今、自分の住んでいる国では

なにが起こっているのか。

それを確かめたく実際に行ってきました。

 

辺野古基地前の写真はありません

f:id:TIBATIDA:20190330212950j:image

と、ここで辺野古基地前の写真を見せるのが

読者にとってわかりやすいのでしょう。

 

ただ、辺野古基地前で写真を撮ったり

動画を撮ったりすると

機動隊(?)の方や基地反対派の方から

注意を受ける可能性があったのでやめました。

 

辺野古基地前を実際に歩いた感想ですが

あそこは歩く場所ではないですね。

緊張感がえぐいです。

なにを言ってるかわからないのもわかってます。

ただ、歩く場所ではないのは確かだと思います。

 

機動隊(?)と基地反対派

機動隊(?)と基地反対派は道路を挟んで

にらめっこしてましたが

その間を歩くのはかなり神経削りましたね。

気づけば手汗がびっしょりでした。

 

機動隊(?)の方々は

仁王立ちでなにかあればいつでも

動けるような雰囲気で空気がピリッとしてました。

 

逆に反対派の方々は

テントの周辺で“のほほん”としてる様子でしたね。

プラカードを持ったおばちゃんや

基地反対と書いたTシャツを着てるおっちゃんは

いましたが、ピリッとした空気はありませんでした。

会釈をすると手を振ってくれましたが

なんかちょっと怖かったですね。

ただの偏見でしょうか。すみません。

 

しかし、ツイッターやユーチューブで

機動隊(?)と反対派が衝突してるのを

何度か見たことありますが

かなり激しかった記憶があります。

どちらかが怪我をしたり

基地反対派が現行犯逮捕されたり

『ここ日本だよね…?』

そう思わせる現場を自分の足で歩くのは

とても怖かったです。

 

ただ、ぼくが前を通ったときは

何事もなく安心しました。

 

いざとなれば全力で逃げますが

なにもないのが一番です。生きてて安心しました。

 

歩道の端っこにはこんなものも落ちてました。

f:id:TIBATIDA:20190330214705j:image

“辺野古新基地反対”と書かれたもの

 

こういうのを見ると

かなり真剣に基地に対して反対してるんだな

って思わされました。

 

基地反対派とお話しできた

最後には基地反対派の方と

数分間お話しすることができました。

 

f:id:TIBATIDA:20190330215007j:image

別れ際には“わたしたちの気持ちを知ってほしい”

と、白い紙をもらいました。

中身を拝見しましたが

難しいことが書かれており

まだまだ勉強不足だなって再度感じました。

 

最後に

ぼくはまだまだ青二才なので

どちらかが正しいかはわかりません。

どちらも正しいのかもしれません。 

どちらも間違っているのかもしれません。

 

難しい問題ではありますが

目を背けないで日本で起こってる問題として

日本人全員で考えるべきだと思います。

 

とても行きたかった場所なので

すごい満足できました。

こういう経験を宝物にしたいです。

 

今回は少し長くなりしたが、ここまでです。

最後まで読んでいただきありがとうございます。