ちーだーの歩いて日本一周日録

このブログは“歩いて日本一周”の始まりから終わりまでを記録する、雑記ブログになってます。自分の経験や想いを率直に書いているのでぜひ読んでください。

Googleアドセンス マネタイズの教科書はアドセンス素人は読むべき

ども、ちーだーです。

気になる内容ですがGoogleアドセンスに合格して数ヶ月の素人には、少し難しく目からウロコでした。

著者である早川 修さんも本の最後に“初心者にとっては難しい内容もあったかもしれません”と、おっしゃっています。

難しくてわからない反面、調べれば問題ないのでわたしは苦ではありませんでした。

むしろ、なにがわからないのかハッキリしたのでとても勉強になりました。

初級者から上級者まで幅広い方が読むべき本だと思いましたね。

それではアドセンス素人の感想を書いていきます。

 

アドセンスの素人でも読むべき本

f:id:TIBATIDA:20190216160445j:image

アドセンスとかアフィリエイトって聞くと初心者はちょっと距離を置きますよね。私もその一人です。

いつまで経っても後回しにしてしまい、結局ずっとわからないまま…。そんな状況を変えるべくこの本を読もうと決意しました。

しかし、案の定わからないキーワードが出てきます。

でもこの本は、一つ一つ丁寧に説明してくれているのでとても勉強になりました。

例えば、結局SEOってなに?オーソリティーサイトってなに?とかですね。

本文の内容を少し引用して説明させていただきます。

 

SEOとは“ユーザー”と“検索エンジン”のバランス

SEOを意識しすぎてキーワードを多用するとしつこい文章になってしまう。逆にユーザーを意識しすぎてキーワードを入れないとSEOが弱くなる。

SEOにもユーザーにもバランスがいいコンテンツを作ること。

10年先も収益を得たいなら、小手先の技術よりサイトに訪れるユーザーとSEOについて勉強するしかない。これが一番の近道です。

オーソリティーサイト化しよう

f:id:TIBATIDA:20190216160454j:image

検索サイトといえば「Google」や「Yahoo!」

動画サイトといえば「YouTube」や「ニコニコ動画」

みたいな、一番に思い出してもらえるようになれば、サイトがオーソリティーサイト化してるといいます。

オーソリティーサイト化すればSNSやQ&Aなどで紹介されたり、信頼を得てブックマークなどを通じて直接サイトに訪問してくれたり、被リンクが増えて検索順位が上がったり。

いいことだらけなんですね。

Webサイトの安定法だと思えば十分です。

 

ざっくり「SEO」と「オーソリティーサイト」について説明しましたが、わからないことについてはきちんと書いてあるので素人でも理解できると思います。

それに、わからないキーワードが出てきてもこの本を買うか悩んでいる方は、アドセンスについて勉強したい方だと思うので、ケータイやパソコンなどで調べながら読むはずです。

調べたキーワードはその都度メモすることで、わからないことがわかるのでメモすることをおすすめします。

 

まさにアドセンスの教科書

f:id:TIBATIDA:20190216160506j:image

わたしが素人だからという理由も十分にあるんですが、まさしく「教科書」ですね。

f:id:TIBATIDA:20190216160510j:image

本の帯にも書いてあるように“基本の考え方から疑問、成功事例、便利ワザまで一気にわかる”のが特徴です。

本のレビューで

・この本は表面的な部分しか触れてない

・本当に稼ぎたいユーザーのためにならない

などを目にしますが、この本は根本的に違います。

しかし、具体的なノウハウがないのは仕方がないことで先ほど説明したSEOですが、知っているのは検索エンジンの開発者のみです。

「Googleの中の人」「SEOの専門家」とよく聞きますが、100%のノウハウではありません。

仮に小手先のSEOを駆使して一時的に順位を上げてもコンテンツ(=サイト)そのものがユーザーのためにならないと、順位を維持することは難しいです。

しつこいようですが、ユーザーにもSEOにも評価されることがなによりも大事なことなんです。

Google独自のアルゴリズムは200以上あるといわれており、世界中の研究者が日々調査・研究しているわけです。

自分のサイトでデータを取り、効果があるSEO施策を自分のサイトで検証していきましょう。

 

SEO対策に正解はない

f:id:TIBATIDA:20190216160519j:image

と、言ってもですよ?

アドセンスで月に10万円稼ぐ方もいれば、月に100万円稼ぐ方もいるわけです。

正解に近い答えを知ってるはずなんですね。

わたしはそう思っています。

✔︎これをやれば検索順位が上がる

✔︎これはSEO対策にバッチリなはず

✔︎これはSEO寄りでユーザーに弱いから実行しない

などの知識は持っていると確信しています。

インターネットでよく見るような知識が100%正しいとは限りませんが、検索順位が高いということは、ユーザーにとって“有益な情報”なわけですね。

ってことはですよ?ほぼ正解といっても過言じゃないはずですよね?

「SEO対策」や「検索順位 上げ方」と調べればいろんなことが書いてあります。

それはユーザーにとってもSEOにとっても良いという証拠です。

Google側が“それ正しいよ!”と、言わない限り100%正しいわけではないですが、正解に近い答えはすでに出回っていることになります。

なにが言いたいかというと。

Google側が正しいと言わない限り正解はわからない。でも「検索順位 上げ方」などと調べて検索順位が高いということは、SEOにもユーザーにも適してることになる。

 

まとめ

いかがでしたか?

正解がわからないものをみんなで探していく、という流れが個人的に好きですね。

この本をきっかけに自分のWebサイトもSEO対策を、きちんとしていこうと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

 

アドセンスに合格できない方はこちらの記事をチェック(^O^)/

www.daichi22.com